元映画館の記憶を生かしたオフィス 株式会社エイトレッド

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

ワークフロー製品を始めとするソフトウェアの開発販売を手がける株式会社エイトレッドさん。
元映画館を利用したという新オフィスで、マーケティング企画部の鈴木さん、社員のみなさんにお話を伺いしました。
atled corp-logo1 株式会社 エイトレッド 
 

建物の記憶はそのままに。多様な性格を持つ機能的なデザインオフィス。

ーエントランスも天井が高く重厚感のある特徴的な空間ですね。
鈴木さん:元々同じビルの上層階を使用していましたが、移転先を探したていたところビルオーナーから紹介されたのが、元映画館だったこの不思議なスペースでした。

映画館のエントランスだった重厚感のある空間。

開放的な空間とフリーアドレスから生まれる幅広いコミュニケーション。

ー移転されてからどのような変化がありましたか。

営業部の齊藤さん

齊藤さん:以前のオフィスと比べ、今のオシャレなオフィスだと働くモチベーションも上がります。訪問された方々がロビーを見た瞬間に「わっ!天井高いね」と驚かれることが多く、和気藹々とした雰囲気になります。いいアイスブレイクになって、お客様との会話が弾むのが嬉しいですね。
 
E02_IMG_3292

ライブラリーの様な空間はセールス部門が利用するフリーアドレスのワークスペース。

齊藤さん:私が普段使用することの多い円卓のスペースは主に営業部が使用してますが、お昼になると開発部の人たちもご飯を食べに来ます。他部署の方ともコミュニケーションがとりやすくなったと感じています。
逆に、円卓がざわざわしていて集中しにくいという時は、ロビーに来て落ち着いて作業をすることもできるので、フリーアドレスになって作業効率も上がりました。​
 
Exif_JPEG_PICTURE

営業部の黒田さん

黒田さん:以前のオフィスは社内で話している声が筒抜けでしたし、人と人との距離も近かったのでいつも緊張した雰囲気がありました。新しいオフィスは仕事をする場所を自由に選べたり、開放的な空間なので適度な距離感を保てるようになりました。
 
Exif_JPEG_PICTURE

サービス部門のスペース。天井が高く間仕切りの無い広々とした空間となっている。

黒田さん:また、新しいオフィスになってからは、社内の親睦会は毎回オフィスで開催するようになりました。円卓をバラして、スクリーンに映像や音楽を流したり、料理はケータリング業者を呼んで豪華な料理が並びます。そんなパーティーはいつも楽しみです。
 
ATLEDパーティー3

社内パーティーの様子。優秀社員の表彰式も行われる

望月さん:入社してから長いのでいろんなオフィスを経験してきましたが、今のオフィスが1番環境が良いですね。
私は暑がりなので人が増えてきて密集したオフィスでは、作業しにくものがありました。現在は暑くなったらロビーに移動して作業ができたり、籠って作業のできる部屋では周りの目を気にせず集中して取り組めたりと、働く場を柔軟に変えられる環境はありがたいです。
また、フリースペースが多いことから、ちょっとしたことでもスムーズに打ち合わせができるようになりました。コミュニケーションが増えたことで、仕事の効率だけでなく質も上がっているように思えます。
 
入社15年。品質管理やソフトウェアの開発担当の望月さん

入社15年。開発部で品質管理等を担当する望月さん

望月さん:一番良かったのは社員の家族へのお披露目会をしたこと。会社の雰囲気が分かってよかったという好意的な意見が多かったです。家族にも、オシャレなオフィスで働いているという自慢にもなりそうですね(笑)。
 
A03_IMG_3428

開発グループのスペースは間仕切りを設け、集中ができる秘密基地のような空間になっている。

ー採用に効果はありましたか。
鈴木さん:採用への影響はとても大きいです。
以前は営業、開発、管理、全てが同じフロアでパーテーションで区切られているだけだったのですが、今のオフィスはどのセクションも集中して作業ができる環境が出来ていますし、時と場合に合わせて作業環境を自ら変えられるので、面接に来られる方にはかなり高評価です。
特にエンジニアにとって開発に没頭できる環境というのは誰しもが求める環境なので、採用においては、まずオフィスを見てもらうことが最大のアピールになっていますね。
 
Editor's Note
1階から2階へと続いていく細長く、途中折れ曲がり、そして吹き抜ける特徴的な形状。エントランス壁面に施された古いタイル、特殊な構造躯体から放たれる、人々が集った空間の記憶。
意匠設計を担当した建築家金子広明さんによって、元映画館であった空間は多種多様な性格、雰囲気を持つ斬新で機能的なオフィスとなっていました。取材にご協力頂きました皆さま、ありがとうございました。
The following two tabs change content below.
Miku Hoshikawa

Miku Hoshikawa

趣味はサーフィンとゴルフ。ダイビング、ネイルアート、着物の着付けは資格保有。前職はファッション誌の編集。幼少期は上海在住。