映画の中の名作オフィス家具 Vol.1

 
movie_furniture2-02
 
おしゃれな映画を観ていて「この素敵な家具が欲しい!」と思うことは、誰しもある経験なのではないでしょうか。
今回は有名な映画に出てくる、知る人ぞ知る名作家具を紹介したいと思います。
 
 

「プラダを着た悪魔」

 
cartell four table
ファッション雑誌「ランウェイ」の編集長であり、ファッション業界のカリスマ的存在であるミランダ・プリーストリーの仕事机。
 

 
 
preben febricius and jorgen kastholm chair 
同じくミランダの仕事椅子。ここから「ランウェイ」の歴史は始まったんですね!
 
 
 

 
panthella table lamp 
同じく「ランウェイ」のオフィスに置いてあるテーブルランプ。
近未来的なフォルムは優しい印象を与えつつ、その強烈な存在感は持ち主にも高いコーディネート力を要求するかも!?
 
 
 
louis poulsen PH21 table lamp  
ミランダの第一秘書、エミリーの机のテーブルランプ。
こんなおしゃれな照明に照らされるとモチベーションが上がりそうですね!
 
 
 
 
bourgie lamp
高級ブランドの商品が山のように保管されているクローゼットに置かれたテーブルランプ。
周りの高級アイテムにも負けない存在感は、オフィスのアクセントになることでしょう。
 
 
 
 
bertoia diamond chair  
「ランウェイ」のロビーで、社員の休憩スペースとなっていそうなチェア。見ているだけで座りたくなってきます。
オフィスにおけば、スタッフの仕事効率も倍増しそう。
 
 
 
 
metropolitan chair  
ミランダの編集長室にある来客用らしきチェア。
ここで大切なファッションの話をするのかも。
 
 
 

「FOCUS」

 
tube top table lump
主人公ニッキーの脇に見える化粧台に置いてあるテーブルランプ。
 
 
 
 
 
 

eames aluminium 117 chair 
 
暗がりの中でも確かな存在感を出すデザインと、奇抜過ぎない大人のインテリア。
 
 
 
 
chaise lounge LC4  
仮眠もとれる革張りのチェア。
仮眠のつもりが、何時間でも寝れてしまいそうなデザイン。
使用していない時もインテリアとしておしゃれな空間を演出してくれます。
 
 
 
tulip side table  
ニッキーがかっこよくコーヒーを飲んでいるシーン。
漂う大人な雰囲気は、このテーブルの洗練されたデザインから。
お昼の休憩時間もスマートに過ごせそうですね!
 
 

「(500)日のサマー」

 
barcelona chair  
映画のラストシーン、主人公トム・ハンセンが失恋の悲しみに暮れる中、新たな運命との出会いを予感させるシーンの演出をしています。
待合室という設定ですが、こんなおしゃれな待合室は憧れますね!
 
 

 
さて、映画に登場する家具達はどうでしたか?
主役級の存在感を放つ家具もあれば、縁の下で支える家具も。家具はオフィスの風景をつくる大事な要素です。
あなたのオフィスシーンを彩る家具を、映画の中から探してみてはいかがでしょうか。
The following two tabs change content below.
Takayosi Hariu

Takayosi Hariu

Takayosi Hariu

最新記事 by Takayosi Hariu (全て見る)