カバンの中身check inTranceREAL

カバンの中身check inTranceREAL
 
EDCトップ画-10
会社のカラーや働き方は人それぞれ。
ともなればカバンの中身も人それぞれ。
 
 
働く人のリアルなカバンの中身を見る機会ってなかなか無いですよね。
でもちょっと気になったことはありませんか?
 
 
ということで、
いろいろなオフィスにお邪魔して、カバンの中身を拝見させていただく
新連載をスタートすることにしました。
 
 
 
記念すべき第1回目は、offieやSOHO東京を運営する
株式会社TranceREALのスタッフのみなさんのカバンの中身をご紹介してきたいと思います。
 
 
 
それでは今日のターゲット。
紳士的なオーラが漂いますが、実はシックスパックの腹筋をお持ちだという
経営企画室 岡本さんのカバンの中身をcheckしていきましょう!
IMG_2339
カバンはノーブランドの物を愛用。
使い勝手を重視しています。
 
IMG_1841
(右上から時計回りに)
1.ユニクロの伊達メガネ 2.CLAUSTRUMの名刺入れ 3.CLAUSTRUMのキーケース 4.RHODIAのメモ帳 5.SEIKOのヴィンテージ腕時計 6.会社用WILCOM 7.RICOHのデジタルカメラ 8.フリスクコーラ味
 
 
 
岡本さんのオフィスコーディネートのマストアイテムである伊達メガネ。
他にも自宅に5個ほどコレクションをしていて、気分によって使い分けて不動産屋っぽい雰囲気を出しているそうです(ちなみに度は入っていません)。
 
RHODIAのメモ帳とSTAEDTLERのボールペンは使い心地もデザイン性も◎
メモ帳を破るときの気持ちよさがお気に入りです。
 
前職で制作していた.CLAUSTRUMの名刺入れやキーケースは金属製でカチッとした印象が仕事用にベスト。
 
時計は80'sヴィンテージなので2年に1回のオーバーホールが欠かせませんが、頂きものなので長く大事に使っていきたいとおっしゃってました。
 
 
街を歩いていて面白そうな物件を見つけたときや、取材の可能性があるときにすぐに使えるのでRICOHのデジタルカメラはいつもカバンの中に忍ばせているそうです。
この意識の高さはぜひ見習わなくては。
 
 
 
持ち物は自分や仲間と関わりがあった物を使いたいそうなので、
ご縁を大切にする粋な心意気(?)と男らしいこだわりが感じられるカバンの中身となりました。
 
 
 
 
ご協力ありがとうございました!
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
The following two tabs change content below.
Miku Hoshikawa

Miku Hoshikawa

趣味はサーフィンとゴルフ。ダイビング、ネイルアート、着物の着付けは資格保有。前職はファッション誌の編集。幼少期は上海在住。

*