カバンの中身check in TranceREAL

EDCトップ画-02
本格的に梅雨入りし、ちょっぴり憂鬱な今日この頃。
ですがオフィスで働く皆さんは今日もバリバリ仕事に勤しんでおります。
 
 
そんな雨にも負けないビジネスマン達のカバンの中身を覗かせてもらうこのコーナー、早くも第三弾に突入です!
本日もoffie編集部を運営している株式会社TranceREALスタッフのカバンの中身をご紹介したいと思います。
 
 
イジられキャラは愛されキャラ(?)
笑顔が優しい爽やかBOY
SOHO東京事業部 飯田さん
カバンはノーブランドの物を愛用。
持ち手が長めのデザインなので、荷物が重くなっても肩にかけられるところが◎
 
1.キーケース 2.G-SHOCK 3.ポケットWi-fi 4.CELLINE FIRENZEの財布 5.SDカード  6.GANZOの名刺入れ 7.john masters organicsのリップクリーム 8.CELLINE FIRENZEのコインケース 9.RHODIAのメモ帳&ボールペン 10.書籍「人は見た目が9割」 11.三角スケール
 
 
G-SHOCKはカジュアルな私服でも、スーツスタイルでも、合わない服は無いというくらい使いまわせるので、オンオフ問わずデイリーユース。
ホワイトも持っているのでコーディネートによって付け替えています。
 
財布とコインケースはフィレンツェにある小さな革製品のお店CELLINE FIRENZEで購入。
店主のおじいさんが一つ一つハンドメイドで制作していて、様々な種類の革が保管されている倉庫から自ら選んで作ってもらったそうで、嫌いなところが見つからないくらい惚れ込んで使っています。
 
RHODIAのメモ帳はビジネスマンの間で支持率高めな傾向が。デザインの良さと使いやすさが人気の秘密でしょうか。
 
通勤中に読んでいるという本「人は見た目が9割」。
この本に習ってなのか、飯田さんは結構頻繁にヘアスタイルを変えてらっしゃいます。
見た目を変えて、ビジネスに何か効果が出たのか気になるところですね。
 
図面の寸法を図るときに使う三角スケールが入っていたりと、不動産屋さんらしさも発見できました。
 
 
一見シンプルに見えるアイテム達も、その中にはフィレンツェのおじいさんとの出会いや、それを大切にする飯田さんのこだわりとアイテムへの愛があったりして…。
持ち物に関してのエピソードを聞く機会ってなかなか少ないですが、聞いてみるとみなさんさまざまな思い入れがあって、男性の持ち物は奥深い。
またフィレンツェに行ったらおじいさんに会いに行くとおっしゃっていたので、アイテムがアップデートされるのが楽しみですね。
 
 
ご協力ありがとうございました!
The following two tabs change content below.
Miku Hoshikawa

Miku Hoshikawa

趣味はサーフィンとゴルフ。ダイビング、ネイルアート、着物の着付けは資格保有。前職はファッション誌の編集。幼少期は上海在住。

*