ニューヨーク発のキューバカフェレストランが渋谷・代官山に初上陸【Cafe Habana TOKYO】

ニューヨーク発のキューバメキシカンレストラン「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナ・トウキョウ)」が2016年5月に渋谷・代官山エリアに初上陸したのをご存知ですか?
 
現在、アメリカやドバイに6店舗を展開している最先端かつニュースポットとして大注目のカフェレストランなんです。ミュージシャンやモデルなど“海外セレブ”たちも行列に並んで食べるという名物がここにはあります。
 
日本1号店の運営を手がけるのは、サマーソニックなどロックフェスや海外アーティストのツアーなどを手掛けるクリエイティブマンプロダクションです。
 
20161003_093010520_iOS
代官山からでも渋谷からでも歩いて10分弱の位置。(分かりやすく言うとpizzasliceのある通りの奥に位置します。)
 
 
歩いているとすぐに目に止まる青々とした外観。
入り口付近には広めのソファが並び、大きい窓。暑い時期にはこの窓がオープンになってテラス席の様になります。
 
20161003_093358082_iOS 1
店に入ってすぐに見えてくるのが黄色の壁一面にびっしりのアート。
キューバを代表する革命家の「チェ・ゲバラ」も発見できました。
壁のアートやインテリア、トイレまでもがカラフルでとってもアーティスティック。
 
もともと、Cafe Habanaは1997年にニューヨークで誕生し、アメリカやキューバやメキシコなどの食文化を融合させたオリジナリティあふれる料理で注目を集めてきました。
 
噂の看板メニューはというと、産地直送のとうもろこしを丸々1本香ばしくグリルした、その名も「グリルドコーン」。
 
20161003_093926718_iOS
メキシコ産チーズとチリパウダーで絶妙な味わい。
甘くてみずみずしいトウモロコシとチーズのしょっぱさが癖になるというか、病みつきになってフォークが止まりません。
 
フルサイズ、ハーフサイズと選べるところもミソです。
 
20161003_094637453_iOS
シェアするときは、ナイフで縦に切り込みを。
温かく、ゆでたてホヤホヤなトウモロコシはナイフがするりと通ります。
かぶりつくのもよし、切ってシェアするのもよし、両方楽しんでもよし。どちらも食感や味わいが違うので一石二鳥なグリルドコーンでした。
さらに、お好みでライムを絞るとさらに本場の味わいを楽しめます。
 
 
もう1つの名物は「クバーノ(キューバサンドイッチ)」。
 
20161003_151731000_iOS
自家製のマリネソースにつけこんだローストポークがたっぷり挟まり、ハムとチーズがポークの味を引き立たせ、しょっぱくてジューシーなバリューム満点ホットサンドです。こちらもハーフサイズが選べるので、お腹の具合を見て食べられるのがいいですね。
 
夜も営業していて、お酒も楽しめる、明るくて陽気な東京にはない珍しい雰囲気のカフェレストランです。
まだあまり知られていなくて比較的空いている、今がチャンスなのではないでしょうか。
 
次の週末、名物にかぶりつきに行ってみてはいかがですか?
 
 
━・。゚.o。━・━・。゚.o。━・━・。゚.o。
住所:東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル1F
TEL:03-3464-1887
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)
━・。゚.o。━・━・。゚.o。━・━・。゚.o。
The following two tabs change content below.
Emiri Tanahashi
食べるの大好き女子大生。 食べログ真似して『棚ログ』やってます。 twitterで『棚ログ』で検索。Instagramも『カフェログ』やってます。 詳しくはホームページに載ってるので名前の所をクリック!