ギャラリーとカフェが一体に。HAGISO@日暮里

HAGISO@日暮里

アートを掛け合わせた古民家カフェ。
20160723_060255845_iOS
 
中々知られていないが、山手線で実は流行っているディープスポット、日暮里。
 
小さい商店街ながら、食べ歩きができたり、日中はベイゴマなど地元の人とも触れ合える谷中銀座など、レトロ感溢れる街並みが外国人にも大人気。
 
訪れた日は、お祭りがある訳ではないのに、浴衣でカフェに涼みに来ている人が多数でした。
 
これから紹介するHAGISOの雰囲気に浴衣は相俟って、浴衣×カフェ…中々趣深い。
 
20160723_060549002_iOS
 
ドアを開けると、二階へ続く階段、そして開けたスペースは、アート空間とカフェに分かれていました。
 
並んでいても、アートを鑑賞して時間を潰せるし、二階は雑貨を売っているので、待ち時間も飽きさせない工夫が魅力的。
 
今回のアート展示は、町田ひろみ × 今井みのり「Object Dance」
 
20160723_060456823_iOS
店内展示に加え、グッズ販売スペースもありました。
 
期間限定(こちらのギャラリーは〜7/31まで)なので、毎回来ると違うアートを楽しめるのも人気の秘訣でしょう。
 
20160723_060509000_iOS
 
席につくと、メニューの豊富さに驚きます。ご飯からデザートまで、期間限定商品も多く、夜はお酒も飲める模様。
 
席に座ってから提供時間も早く、最初に飲み物、そしてお目当の鯖サンドが到着。
 
20160723_064929580_iOS
 
揚げたてアツアツの鯖フライが、しっとりとしたフカフカのパンに挟まれていて、ボリュームたっぷり。
 
旨味の凝縮されたサンドウィッチをカブリ。
 
あぁ、美味しすぎる、とため息をついてしまうほどのお味…。感動です。
 
20160723_062133329_iOS
 
2階には学校のような廊下と少しのギャラリー、そして雑貨の売っている小さなショップがありました。
 
家のようなまた帰って来たくなるこんなカフェは初めてです。
 
サイトを覗いてみると
 
「1955年から木造アパートとして、また2004年からは東京藝術大学の学生によって、アトリエ兼シェアハウスとして使われてきましたが、
2011年の東日本大震災をきっかけに、老朽化のため解体する方針となっていました。萩荘に集っていた学生やアーティストたち約20名が、
建物全体を使って作品を展示したところ、3週間の展示期間で1500人もの方々が訪れてくれました。
この予想外の盛況を受けたことによりこの建物の価値が見直され、計画は一転、なんと改修され生まれ変わることとなり、
2013年3月「最小文化複合施設」としてオープンしました!」
 
ということで、長年愛された場所であるからこその賑わいと温かさなのだと実感しました。
 
また是非お邪魔したいと思います。
 
*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。
住所:東京都台東区谷中3-10-25 HAGISO 1F

営業時間:8:00 – 10:30[L.O 10:00]
12:00 – 21:00[L.O 20:30]

朝食営業、ランチ営業、日曜営業

*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。
 
The following two tabs change content below.
Emiri Tanahashi
食べるの大好き女子大生。 食べログ真似して『棚ログ』やってます。 twitterで『棚ログ』で検索。Instagramも『カフェログ』やってます。 詳しくはホームページに載ってるので名前の所をクリック!