caffe Michelangelo 代官山で雨を楽しむ

朝から梅雨の始まりを思わせるそんな日は、素敵な空間でランチを頂いてテンションを上げたいところ。
 
代官山のシンボルTSUTAYA Tsiteの目の前に佇むヨーロッパの邸宅のような外観。
caffe Michelangelo(カフェミケランジェロ)は、代官山駅から徒歩3分、旧山の手通り沿いにあります。
 
樹木の中に映える赤い瓦の屋根が目印です。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
店の前にはテラス席もあり、ワンちゃん連れもOKだそう。
天気がいい日にはここで代官山ウォッチングをしてみてもいいかもしれません。
 
店内に入るとシェフたちが料理をしたりコーヒーを入れたりする姿が覗けるオープンキッチンがあります。
Exif_JPEG_PICTURE
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
Exif_JPEG_PICTURE
天井が高く、開放感のある空間です。
 
カップルやビジネスマン、ご婦人や赤ちゃん連れのファミリーまで客層は幅広く、スローで落ち着いた雰囲気で食事をいただけます。
 
 
ランチタイムは11:30~17:00。
 
本日のランチメニューは
・カブと小柱のスパゲティ ブッタネスカ
・ベーコンとグリーンアスパラのスパゲティ クリームソース
・ヤリイカとレタス ズッキーニのリゾット レモンの香りのパスタ/リゾットセット1800円
・フォカッチャのホットサンドなどのパニーノセット1400円
 
どれもスープとドリンクのついたセットメニューです。
 
私はカブと小柱のスパゲティブッタネスカをオーダー。
 
料理ができるまで奥にある中庭を散歩してみました。
Exif_JPEG_PICTURE
 
中庭に大きくそびえ立つ樹齢300年のケヤキの木は、まるでご神木のようでとても神秘的です。
 
ここにもテラス席がありました。
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
その奥へと続く廊下には、白いカーテンがついていて
なんだかどこかの国のお城に来たみたいで乙女心をくすぐります。
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
その廊下の奥にあったのは、鮮やかなアジサイが植えられたプチフラワーガーデン。
 
マゼンタカラーのアジサイはとてもキレイに咲いていて雨空を美しくデコレーションしてくれていました。
 
 
梅雨の季節って1年で一番苦手でしたが、木々に滴る雨の感じやその時期にしか会えないこんなに綺麗な花たちを楽しめるなら悪くないななんて思って少し大人な気分になれました。
 
さてさて、席に戻ると食前のスープが運ばれてきました。
Exif_JPEG_PICTURE
 
ベーコンや白菜、玄米の入ったコンソメスープはいろいろな旨みが凝縮されていて、あっさり見えて濃厚です。
 
そして、お待ちかねのパスタの登場です。
 
pasta5
私の大好きなトマトソースをベースにしたパスタで、フレッシュでさっぱりとしたトマト味に、少しだけピリっとしたアクセントがありました。
 
小さく刻まれたカブと小柱は食感を楽しめます。
麺もモチモチでとってもおいしかったです。
 
テラコッタの床、アンティーク調の家具、クラシカルな照明、大きな窓から差し込む木々や自然のぬくもりを感じられるcafe Michelangelo。
 
「本物」のロケ―ションを押さえたいプロカメラマンに多く選ばれるため、様々なメディアで撮影の舞台に使われているそうです。
 
まるでイタリアの田舎町にトリップしたかのような雰囲気を楽しめ、日本であることを忘れてしまう…

そんなリラックスした空間で、次はスイーツをいただきにお邪魔したいなと思いました。

The following two tabs change content below.
Miku Hoshikawa

Miku Hoshikawa

趣味はサーフィンとゴルフ。ダイビング、ネイルアート、着物の着付けは資格保有。前職はファッション誌の編集。幼少期は上海在住。

*