3種類を飲み比べ。駅近の期待のコーヒーショップとは【cofeevalley@池袋】

池袋東口から歩いておよそ4分。小道に現れるスタイリッシュな外観のこちらがスペシャルティコーヒーの専門店。

20161021_052418509_iOS

その名も「COOFEE VALLEY」です。
 オープンな入口を覗いてみると、木のぬくもりが感じられる落ち着いた雰囲気。縦長の構造で、手前にカウンター、奥にテーブル席。と、すっきりとしたデザイン。
 
20161021_062823904_iOS
2階には、ゆっくりできるソファ席も用意されていて、3階も時間が決められて使える形となっています。
 
よくあるコーヒースタンドとは一味違う店構えで新鮮です。Wi-Fi完備&1階には電源まであり、よくあるスタバのような使い勝手の良さ。
コーヒーは店内だけでなくテイクアウトも可能です。
 
20161021_062400421_iOS
コーヒーは、OBSCURACOFFEEROASTERSのスペシャルティコーヒーを使用しており、店長の小池さんは、海外と日本のコーヒショップでバリスタとして働いてきた方なんだそう。
 
ニューヨークで開催されたラテアート世界選手権に出場したことのある実力者です。
 
20161021_053307178_iOS
名物がエスプレッソとマキアート、ドリップコーヒーを少しずつ飲み比べることができる「3 PEAKS」。
 
一口サイズのカップが3つ並ぶとなんとも可愛らしく、どれも飲みごたえのあるコーヒーでした。
 
コーヒー以外にも軽食が用意されていて、中でもパーラー江古田が毎日焼きあげて提供しているという全粒粉パンのトーストは一押しの模様。
 
もっちりとしたフカフカの食パンにハチミツとバターを塗って、備え付けのゆで卵はシンプルに塩のみで頂く、切った店のモーニングのメニューの様に思えて、昼やおやつに食べても楽しめるセットとなっています。
 
昼食には、このパンを使ったサンドウィッチとコーヒーのセットも人気だそうです。パウンドケーキやビスコッティもコーヒーとの相性間違いないメニューです。
 
20161021_053413598_iOS
シンプルなのに全てに温かみのあるここのコーヒースタンド。
 
値段も控えめで、多くの人にコーヒーを親しんでほしいというメッセージが伝わってくる様に思えます。
 
池袋の雑踏から逃げ出したくなったら、ホッと一息つきにCOFFEE VALLEYさんに足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо
住所 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2−26−3
電話 03-6907-1173
営業時間 [月~金] 8:00~22:00  [土・日・祝] 9:00~22:00
оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо
The following two tabs change content below.
Emiri Tanahashi
食べるの大好き女子大生。 食べログ真似して『棚ログ』やってます。 twitterで『棚ログ』で検索。Instagramも『カフェログ』やってます。 詳しくはホームページに載ってるので名前の所をクリック!